calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

スポンサードリンク

categories

archives

スポンサーサイト

0
    スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Amazon スポンサードリンク
    • 2018.07.13 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    アルマーニを着る小学生 ボロは着てても心は錦は古いのか!?

    0

      JUGEMテーマ:ニュース

       

       

      アルマーニ導入の小学校、シャネルやエルメスにも打診:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASL296V3LL29UTIL057.html

       

      公立小の「制服」にアルマーニ 8万円以上、国会で物議:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/photo/AS20180208005051.html

       

      この話題は、公立の小学生が高額な制服を買うのかと、日本人が疑問に思ったということである。

       

      この小学校は、銀座にあり校舎もおしゃれで、卒業生には近衛文麿、島崎藤村がいる。

       

      その事が、校長をアルマーニというブランドに走らせたと思われる。

       

      校長の考えは何となく分かる。

      これは一つのイメージ戦略だ。人間は形から入る事が多い。ブランドファッションや高級車が人気なのは、その物が持っているブランド力を愛しているからである。

       

      わかる、わかるけど・・それは私立の学校でやってほしい。

       

      制服は子供に貧富の差を感じさせないために作られたという配意もある。その事を考慮されなかった学校の態度が、みんなカチンと来たのだと思う。

       

      子どもの貧困が報道されている現在、一人でも家庭の事情でこのブランド服が購入されなかったらと思えば心が痛む。

       

      学校は、その配慮を語って欲しいのである。

       

       

      ボロは着てても心は錦  どんな花よりきれいだぜ


      貧乏人の僕は、この歌に励まされてきた。今では古いのかもしれないが、この気持は正しい。教育の現場なので、あらゆる配慮を尽くしてほしいと思う。
       


      スポンサーサイト

      0
        • 2018.07.13 Friday
        • -
        • 07:42
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする