calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

スポンサードリンク

categories

archives

尖閣は明け渡します、攻められたら逃げます、朝鮮、中国と仲良くしたーい。本音か!!

0
    スポンサードリンク

    JUGEMテーマ:ニュース

     

    リアルタイムで見たわけではないけど、騒動になった場面をユーチューブで見て、村本っていう芸人の言葉が、とても新鮮だった。

     

    村本大輔(ウーマンラッシュアワー)
    『朝まで生テレビ!』

     


    村本「もともと、でも中国から取ったんでしょ?」と返していた。

    「中国に尖閣を侵略されたら白旗を挙げて投降する」
    http://www.sankei.com/world/news/180103/wor1801030026-n1.html

     


    村本氏がアホなのは置いといても、沖縄の左翼に洗脳されていたことがネットに載っていた事を思えば、テレビ系文化人も同じ考えということがよくわかった。


    戦争反対は多分特殊な奴を除いて、日本人の気持ちである。

    ところが、共産主義の左派は「戦争反対→自衛隊排除→米軍常駐反対→政権打倒→平和」この図式が骨の髄まで染み込んでいるのだろう。


    しかし、平和を維持するには、戦争反対→防衛力と外交の強化→平和 という図式もある。

    平安時代や江戸時代はそれが日本人の定説だった。

     

     

    しかし、共に日本人。思想の違いでいがみ合ってもしょうがない。

     

    左派と呼ばれる人たちは、戦後の個人主義に強い感化を受けた連中だ。

     

    国とか組織とかに強い拒否反応が根強くある。だから、国防とか国なんていうしがらみを背負わされるのは大嫌いなのだ。

     

    そのため、村本もやくみつるも、すぐ逃げるといい出すのだ。そういう連中に、ナショナリズムを説いても無駄である。

    それは現在のテレビ系文化人の本音でもある。

     

    今回の村本大輔騒動。

     

    一番困っているのは、左派系テレビ文化人の本音なのだ。

     

     

    Amazon スポンサードリンク

    コメント
    コメントする