calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

スポンサードリンク

categories

archives

幼稚園児と教育勅語

0
    スポンサードリンク

    JUGEMテーマ:ニュース

     

    森友学園の話である。

     

    国有地売却問題をめぐっての話ではなく、籠池(かごいけ)氏が経営している幼稚園の話である。

     

    制服を着た園児たちは毎朝、日本国旗の前で国歌を歌い、「教育勅語」を復唱する。

     

    幼稚園が教育勅語を素読させていることに文部科学省が「適当ではない」とコメントしたことを取り上げ、「文科省の方に『教育勅語のどこがいけないのか』と聞きました」と(稲田朋美防衛相が)擁護していたと指摘した。
    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASK2R5QGPK2RUTFK00Q.html

     

    こんな顛末である。

     

    テレビのワイドショーで園児たちが、君が代を歌っており、ユーチューブでは教育勅語を園児たちが斉唱している映像があった。

     

    かなり違和感があったが、興味もある。


     

    教育勅語

     

    今年62歳になる私は教育勅語を知らない。

     

    確か、朕思うに・・から始まった文言だったな、という程度である。

     

    調べてみると、明治天皇の勅語として発布された近代日本の教学の最高規範書。とある。

    1890年(明治23年)10月30日発布、1948年(昭和23年)国会の各議院による決議により廃止。ウィキペディア

     

    私は昭和30年生まれなので、知らないのは当然である。

     

    「朕惟フニ我カ皇皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニヲ樹ツルコト深厚ナリ・・」とある。

     

    内容は、基本的な道徳である。

     

     

    12の徳目

     

    父母ニ孝ニ (親に孝養を尽くしましょう)
    兄弟ニ友ニ (兄弟・姉妹は仲良くしましょう)
    夫婦相和シ (夫婦は互いに分を守り仲睦まじくしましょう)
    朋友相信シ (友だちはお互いに信じ合いましょう)
    恭倹己レヲ持シ (自分の言動を慎みましょう)
    博愛衆ニ及ホシ (広く全ての人に慈愛の手を差し伸べましょう)
    学ヲ修メ業ヲ習ヒ (勉学に励み職業を身につけましょう)
    以テ智能ヲ啓発シ (知識を養い才能を伸ばしましょう)
    徳器ヲ成就シ (人格の向上に努めましょう)
    進テ公益ヲ広メ世務ヲ開キ (広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう)
    常ニ国憲ヲ重シ国法ニ遵ヒ (法令を守り国の秩序に遵いましょう)
    一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ (国に危機が迫ったなら国のため力を尽くし、それにより永遠の皇国を支えましょう)

     

     

     

    別に悪いことは書いていないが、天皇中心の時代と、軍国主義の時代の産物であることが、好ましくないとされているのだろう。


    さらに幼稚園児が、「夫婦相和シ」「朋友相信シ」と声を上げて暗唱するから「ぎょ」っとするのだ。

     

    「友達とは仲良く、信じあいましょう」で良いのである。


    いけない理由

     

    稲田朋美防衛相が『教育勅語のどこがいけないのか』と聞いたというが、

     

    これは内容の事である。

     

     

    ただ、政府官僚ならもっと気の利いたことを言ってもいいかなと思うが。


    まあ、普通に考えると内容は置いといて、教育勅語と軍国主義が深く結びついているように感じられるからであろう。

     

    日本敗戦後国会の各議院による決議により廃止(昭和23年)になったのは

     

    アメリカ進駐軍の意向が強い事によるものである。

     

    そのせいもあり、擁護論も根強く一部政界財界人、学者・文化人、神社関係者等で、再評価が続いているという。

     

    教育勅語を擁護する人たちには、道徳的なわかりやすい言葉が受けていると思う。

     

    もちろん、今の教育基本法にも、道徳的な事は書かれている。

     

    教育の目標(2条)

    2.個人の価値を尊重して、その能力を伸ばし、創造性を培い、自主及び自律の精神を養うとともに、職業及び生活との関連を重視し、勤労を重んずる態度を養うこと。

     

    3.正義と責任、男女の平等、自他の敬愛と協力を重んずるとともに、公共の精神に基づき、主体的に社会の形成に参画し、その発展に寄与する態度を養うこと。

    などである。

     

    教育勅語は法律ではなく、教育基本法は法律なので、言葉の選び方に気を使っているのはよくわかるが、

     

    いかんせん、「ん!、納得!」というわかりやすさはない。

     

    「朋友相信シ」の方がよく出来ていると思う。

     

    これは語呂がいいのである。

     

    「妻を めとらば 才たけて みめ美わしく情けある、友をえらばば書を読みて 六分の侠気 四分の熱 」(与謝野 鉄幹の「人を恋うる歌」より)

     

    こんな名文のような響きがある。

     

    「義理と人情を秤にかけりゃ、義理が重たい男の世界」

     

    やはり、中高年にはこんな感じが受けるのだ。


    懐古趣味で教育勅語問題を語るのは不謹慎だが、賛成するのは教育勅語の内容のシンプルさであり、反対するのは、天皇制と軍国主義が時代背景にあるからである。

     

    それなら日の丸はどうだろう。

     

    教育現場の日の丸掲揚には、いまだに反対する先生もおてデリケートな問題になっている。

     

    その時歌われる「君が代」も、やはりいまだに反対運動が存在する。

     

     

     

    まあ、日本の国家だし、色んな大会で日の丸掲揚、「君が代」は私には違和感がない。

     

    しかし、日本敗戦後のGHQ支配の影響は、思ったより根強く、自虐的とも取れる日の丸批判は、同じ日本人として少し考え込んでしまう。


    今回も、森友学園の「愛国主義」という言葉に、拒否反応があることは確かなのだが、国を愛する事は悪い事ではない。


    今回の幼稚園での「愛国教育」という放送で、少し引き気味の一般の方に提案したい。

     

     

    これは教えて!GOOの回答で書かれている事である。

     

    私の先に述べた愛国心教育の必要性からすると、「愛国心教育」というネーミングではなく「国際教育」とか「国際人教育」というようなネーミングにすれば、誤解は少なくなるのではないかと思います。
    https://oshiete.goo.ne.jp/qa/2619003.html


    ピンポーンである。

     

    言霊の国の日本では、言葉の呪詛が祟りのように「愛国主義」まとわりついている。

     

    そこで「愛国教育」を「国際教育」とか「国連教育」と呼び方を変えると、「侵略主義」との決別を行えるだろう。

     

     

    「愛国教育」は横文字で言うナショナリズムである。

     

    きな臭い匂いはない。

     

    しかし、アレルギーがある人は「国際教育」とか「国際主義」に呼び変えよう。

     

     

    国際社会の中で貢献するのは日本人の使命でである。

     

    「日本を愛する」という心が、世界に平和を実現するためにも必要である。

     

     

    幼稚園児と教育勅語で始まった文だが、「国際教育」は悪くない。

     

    教育勅語は時代錯誤なので、言葉を変えればいいと思う。

     

     

    そして、幼稚園を経営する人は、もっとちゃんとした人がいい。

     

    すべては、大人たちがおかしいのだ。

     

     

    これが結論である。

     

    Amazon スポンサードリンク

    コメント
    コメントする