calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

スポンサードリンク

categories

archives

関空のトイレ

0
    スポンサードリンク
    関西空港は広い。
    空港についてもバスで発着所まで行かなければならない。

    ピーチは第二ターミナルである。
    案内は分かりやすいのだが、移動に時間がかかる事を知っとけば、少し早めに行っといた方んが良い。

    関西空港のトイレに入ったら、貼紙が貼ってあった。
    うーん



    昔洋式トイレが出回り始めた時、使い方がわからず、便座の上に乗って、用を足したという話は聞いた事があった。


    ただ紙を流してという注意は初めてだ。

    そう言えば、中国の人はトイレで紙を流さないので困るという、ネットの記事を読んだ事がある。

    さすが国際空港である。

    Amazon スポンサードリンク

    旅の流儀

    0
      関空は広い。
      係員の人に聞きながら、なんとか和歌山に着く。

      今年は和歌山国体だ。その関係で、県庁、市役所、不動産屋を回る。
      町はお城を囲むように成り立っていて、慣れると分かりやすい。

      お城は徳川御三家の一つ紀州藩紀州徳川家の居城である。
      せっかく来たので、天守閣に登る。
      410円。
      観光客が多い。
      中年の一団とすれ違う。
      言葉が違う。
      韓国の人達だった。

      若いグループもいる。
      スマホに長い棒を付けている。

      なるほど、これが自撮り棒か。
      日本各地に韓国の旅行者がいる。
      長崎も同じである。

      最近、韓国の旅行者の特徴が分かってきた。

      韓国の中年の男性は明るい色の洋服を着ている場合が多い。若いグループはスマホの使い方が派手である。

      同じ顔なのに、言葉も雰囲気も違う。
      不思議な事だ。

      お城の周りを歩く。
      バスは何処に連れて行かれそうになるので怖くて乗れない。

      6時間程歩きどうし。
      仕事なのでしょうがない。

      気がついたら、iPhoneのバッテリーが切れていた。

      方向音痴の僕はナビがないとお手上げだ。

      充電用のバッテリーは持ってきたのだが
      歩きに持ってこなかったのを後悔する。

      コンビニで買おうかと思ったが、結構高い。
      余計な出費は控えたいところだ。
      結局一度ホテルに帰る事にした。

      旅行は何度も行っているので
      旅慣れているつもりだった。
      しかし、今までは車の旅だったので必要なものは、すべて車に積んでいたのだ。
      車の場合、移動中に必要なものはシガレットソケットで充電していたのだ。

      迂闊である。

      今回は何時ものキャノンではなく、パナソニックのミラーレス一眼だった。
      このカメラのバッテリーもなくなっていた。
      この手のカメラは小まめにスイッチを切らないと、思ったより早くなくなる。

      車以外の旅の場合、予備のバッテリーは持ち歩く事。
      これが新旅の流儀 その1である。



      ピーチの機内でハイボール

      0
        JUGEMテーマ:旅行

        ピーチの搭乗口は、一番端っこにあった。

        なんとなく納得。

        搭乗が始まる。
        「窓側の方から受付をします」というアナウンス。
        飛行機内の着席の際の混雑を避けるためのようだ。
        改札口には、その指示がわからなかった人たちが、脇に待たされていた。

        これも納得。

        ピーチでは窓際や通路側を指定すると料金がかかる。
        格安のためにピーチを選んだのだが、僕は窓際が好きなので、贅沢をした。

        キャビンアテンダントの方もてきぱきと指示。
        その口調も指導員的な感じがするが、きつい対応ではない。
        これは、その人のキャラクターによるだろうな。

        客席は狭い。
        真ん中の席の人は窮屈そうだ。
        これはしょうがないと納得。
        有料と無料の違いである。

        離陸前のキャビンアテンダントの方の説明。
        緊急時の対応だ。
        通路に並ぶキャビンアテンダントの方の容姿を観察。
        失礼ながら、高嶺の花といった感じはない。
        これは、僕の偏見である。

        これも納得。

        速やかに離陸。
        快適である。
        ラジオのイヤホンなどないが、問題ない。

        飛び立ってしばらくすると
        新幹線みたいに売り子さんが来る。
        庶民的である。

        僕はアルコールが欲しかったので
        ニッカハイボール(乾き物おつまみ付きーpeachオリジナル)を頼む。
        500円だ。

        ハイボールを飲みながら、窓の外を見る。
        なかなか気分が良い。
        iPhoneImage.png
        おじさんは何処でも酒を飲む。
        僕も不謹慎と言われない程度に飲む。
        飛行機の中で地上をみながらの一杯は格別である。

        とういことで無事到着。
        片道だから5000円を切っている。
        やはり安い。

        窓際の席とハイボール
        格安の中での゛贅沢゛が味わえた。

        ピーチの旅は納得である。

         

        | 1/52PAGES | >>